おき薬局 おき調剤薬局旧ブログ | 青森県下北むつ市の相談できる、くすりの専門薬局 漢方相談、処方せん調剤承ります!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイディア料理

Web担当の山田です。

一昨日の日曜日は午後から7歳の息子と2人で
まかど温泉スキー場に行ってきたのですが、
実はこの日私は、夕飯も担当することになっていました。

息子は「入れ物(鍋)が大きすぎて見るだけでお腹一杯になる」
という理由で鍋料理が嫌いです。
しかし、スキーで帰りが遅くなることを考えると、
鍋のような、手早くカンタンにできるメニューにしたいところ。

そこで私は一つのアイディアを思いつきました。

この日スキーに出かける前、
「今日は鍋を使うけど鍋料理じゃないものを作る」と、
土鍋に入れた根コンブでだしをとりながら、息子に宣言。
息子も「鍋料理じゃないなら…」と納得しました。

作戦成功…。

こうしてスキーに出かけたわけですが、
野辺地で2時間近く滑った後、
帰り道に約1時間車に揺られていると、
疲れた息子がほぼ確実に寝てしまい、
むつ市内での買い物が困難になるだろう、
と判断した私。

息子がまだ起きているうちに、
野辺地町内のスーパーで息子のおやつとともに、
夕飯の食材の買い物を済ませました。
案の定、おやつを食べた後、帰りの車の中で息子、爆睡…。

帰宅後、土鍋のだし汁に豆腐、豚肉、白菜、
ぶなしめじを入れて火にかけ、全体に火を通して完成。
この時点で味付けは一切しません。

なぜなら、
一つの鍋で調理し、その後食材ごとに小皿に取り分け、
白菜にはかつおぶしをまぶして、めんつゆ、
豚肉とぶなしめじには生のレタスを添えて、ドレッシング、
豆腐には練りしょうがをのせて、醤油といった具合に、
それぞれ別々の調味料をかけるからです。

130312.jpg

そして、一つの鍋で作ることによって、
別々に作るよりもそれぞれの食材にいろんな旨みを
染み込ませることができます。

こうして完成した私の手抜きアイディア鍋風料理ですが、
息子はスキーの帰り道に「おやつ」を食べ過ぎたこともあり、
残念ながらあまり食べませんでした。

作戦失敗…。
スポンサーサイト

ご意見・ご要望・お問合せメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

『おき薬局 山田』

Author:『おき薬局 山田』
Web担当の山田です。
皆様どうぞ、よろしくお願い致します。

おき薬局Webショッピング
お買い物はこちら!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。